Secure-japan
header


 
会員専用
memsub
 
製品&会社紹介
診断
犯罪事例
セキュリティ情報
求人
このサイトについて
はじめての方へ
ご利用方法
会員登録
 
 


 

1 件ー2 件(合計 2 件) 
日付2018-02-18情報ソース 
手口その他建物用途路上
都道府県東京都
題名車が男性はね死亡/運転は元特捜部長の弁護士/東京・港区
概要18日午前7時30分前、東京・港区白金の直線道路で78歳の弁護士が運転する乗用車がガードパイプをなぎ倒して歩道に乗り上げて歩いていた足立区の自営業の堀内貴之さん(37)をはね堀内さんは病院に運ばれたがまもなく死亡した。車はそのまま道路脇の金物店に突っ込んだ。乗用車を運転していたのは弁護士で東京地検の元特捜部長で足を骨折する大怪我をした。金物店は当時、シャッターが閉められていて店の人に怪我はなかった。警視庁によると、事故の前、弁護士は現場から約200メートル手前の路上に車を止めて知人がトランクに荷物を入れている最中に急に車を発進させたという。警視庁は弁護士がアクセルとブレーキを踏み間違えるなど運転操作を誤った可能性があると見て事故の詳しい状況を調べている。

日付2018-02-18情報ソース 
手口その他建物用途路上
都道府県大阪府
題名刃物で暴れる男に警官発砲し負傷/大阪市都島区
概要18日正午前、大阪市都島区東野田町2の交差点付近で大阪府警・都島署員が職務質問中に男が刃物を持って暴れ出したなどとして発砲した。大阪市消防局によると、男は20代で右足を負傷して病院に運ばれた。命に別条はないという。府警が詳しい状況を調べているが、直後の説明では男が刃物を取り出し向かってきたため都島署員が後ずさりしながら複数回警告。それでも向かってきたため署員が発砲したとしている。現場は京阪京橋駅の北東約150メートルで飲食店や会社などが立ち並ぶ一角。現場に居合わせた現場近くのビル管理人の男性によると、正午前に手に何かを持った男が叫びながら京橋駅方面に歩いており、警察官2人が「危ないからどいて」と大声を出しながら囲んでいたという。その後、警察官が男に拳銃を構え、「止まれ、止まれ」と叫んだ。男は「撃つんなら撃て」などと言っていたという。男性は「10分ほどにらみ合った後に警察官が発砲し男を取り押さえた」と話した。

現在  1 ページ(全 1 ページ)   ページ移動  | 1 | 

footer